押さえておきたいポイント1

押さえておきたいポイント1

中小企業金融円滑化法が3月末で期限切れとなった。
その影響と雇用の関係を考えてみよう!
今のままでもお給料はもらえるのだろうか? アルバイト先は減らないだろうか?
そして倒産した後の経営者の生活はどうなるのだろうか?

中小企業金融円滑化法期限切れとWeb広告Webマーケティングとの微妙な関係とは?!

中小企業金融円滑化法期限切れとWeb広告Webマーケティングとの微妙な関係とは?!
中小企業金融円滑化法が3月末で期限切れを迎えるわけです。
その結果倒産する企業数が相当な規模出てきそうだ。で、何をやればいいかという話ですが、最初に考えておいた方がいいというのが
会社の財務内容の改善でしょう。

まあ、その当たりは難しい問題ですが、財務内容を改善するために打つ手って、どちらかというと守りなわけです。
ですけども。
ビジネスをやっているんだったら攻めないとマズイですよね。 で、Web広告やWebマーケティングを考えているわけですよね。
その最初のツールはなんといってもサイトでしょう。 つまり会社やショップのホームページですね。
これが企業やショップがインターネットでの活動をするための本拠地になります。
ところでいくらぐらいの予算で考えていますか?
というか、
Web広告やWebマーケティングを始めたいという目的を明確にしましょう
というわけですが、 最初に目的が来ます。
で、それから手段とその手段選択のための予算の順で考えたほうが楽ですね。
基本的なネットビジネスの知識はお持ちですか? これによっても手段の選択が違ってきます。
つまりですが、Web広告やWebマーケティングに投入出来る予算を
大体でも最初に決めないとまずいでしょう?
成果が出るかどうかすらわかりもしないWeb広告やWebマーケティングに
それほど費用をかけたくないんであれば
スキルをマスターしなければなりません。
こういったネットでの活動にはどんなスキルが必要でどんな手段が選べるのか、
とかの事も少しずつご紹介します。
もっともスキルがあっても時間をかけたくないという事情があるのかもしれませんし、
たとえばレンタルサーバーを借りることは出来ますか?
面倒な事もないんですけど、
このレンタルサーバーがネックになっているのなら、
予算をもう一度考えてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*