オリジナル名刺を作ろう

ビジネスの場では、名刺は自分の顔と言われてるくらい大事な道具です。お互いに交換しあい、名前や役職などにざっと目を通しておしまいになる方が殆どでしょう。そこで、渡す相手にインパクトを与え、印象に残してもらうのも手です。例えば少し変わった名刺を渡すのはどうでしょうか。自分の顔写真付きや自分の顔をデフォルメして漫画風にしたもや形を変えてみる、木や金属などの紙以外の素材で作ってみるのはいかがでしょうか。ただし、デザインに凝りすぎて、一般的なサイズと違う場合は、ホルダーなどに収納しにくいので考えた方がいいでしょう。素材を変える場合はコストの面でも紙に比べて高くなりがちです。顔が印刷されているのは、相手に顔と名前を覚えていただき易いです。このような名刺を渡された人は、それをじっくり見て、その話題になり打ち解けやすい環境になるでしょう。必然とビジネスチャンスも広がるでしょう。

名刺交換の適切な仕方

適切な名刺交換の仕方がありますが、これは大切なビジネスのツールとして定着しています。そのため、適切な利用のされ方が求められてきます。ちゃんとした交換の方法を熟知することは仕事の基本といえます。知るための方法として、簡単に相手に渡せるようにするための工夫をしていきます。あらかじめ名刺入れを手元に用意しておき、すぐに取り出せるようにして用意しておくことが求められてきます。目下や訪問者から相手に近づき、先に出していきます。交換する際には、片手で持ってこのときには片方を差し出す側の手に添えながら、正面を向けて差し出すことが必要になります。このときに自分の社名や部署名、フルネームを名乗っていくことになります。この名乗りをするときの注意として、相手が差し出した名刺の高さよりも低い位置で差し出すが求められていますが、謙虚さを表すことが可能となります。

名刺は自分の存在をアピールする手段ですが

名刺は社会人になって会社などに所属して自分の存在を外部の人に対してアピールするための手段の1つです。その外部の人に対してアピールする場合で特に使用される事例は営業活動がその典型的な一例となります。その営業活動をする場合で商談の取引をさせるためにはもちろん会社の商品やサービスの魅力がなければなりませんが、それだけでは売り上げを伸ばせられる効果は限られます。売り上げをもうひと押しできるための存在はその商品やサービスを販売している社員となります。この社員と顔なじみになったり仲良くなれば固定客を確保することができるかもしれません。しかし初対面の場合は名前まで憶えてはくれません。だから名前を記載しているその名刺を渡すことで覚えてもらうようにします。ただその名刺の種類は名前と会社の名前や所属先が記載している白黒文字だけが安くてスタンダードですが、それだけでは他にも同業者がたくさんいるからなかなか覚えてもらいにくくなります。そのためカラー文字にしたり顔写真付きでアピール出来たりなどいろんな種類が販売されていたりします。