Webマーケティングに期待しすぎると

Webマーケティングに期待しすぎると

IT関連業界でもなければWeb広告やWebマーケティングに期待しすぎるというのもリスクが大きすぎます。
もともとWebサイトの制作会社に集客のノウハウなんてないというのは個人的な意見だし、
それも変だよ、っていう反論が出るのはわかりきっているけど・・・
でも考えてみた方がいいよWeb広告とかWebマーケティングって。
システムエンジニアっていうかSEさんは忙しいのが普通だし、
SE残酷物語なんてメディアに露出しているくらい労働環境劣悪だし。
どこもそうだとは言ってないし、結構暇なSE関連会社もあるけどね。
いいソフトだったら、インターネット上で広告宣伝すればいいジャン、と思うよね。
それがあなたの会社へ営業電話しまくりって、なんか変だと思わない?
レター作ってWebに上げればほったらかし片手間で売れるはずだよ。
こんなことはパートさんや主婦の方にアルバイトでやってもらえばいいよね。
だって片手間ほったらかしなんだからさ。
どっかの不動産会社の根性系の営業スタンスじゃないんだからさ。
(1)ネットでSEO効かせて検索エンジンの上位表示させてても結構しつこい営業電話をかけてくる。
(2)資料としてネット上に上がっているサイトがあります、というのは本当だよ。
これは確認しても検索エンジンのGoogleやYahoo!の検索上位には表示されています。
(3)ネットからDLしてもらえばいいのに資料をFAXしてもいいですか?
この意味はインターネット上ではあまり成功していないって事だと思うよね。
ネットでSEO対策を効かせて検索エンジンの上位に表示させても、
泥臭い営業が必要な事が多いし、
コストをかけすぎると採算割れするし、
期待外れに終わります。
(1)~(3)なんて成約率が低すぎるか開発コストをかけすぎたか、

あとは販売コストをかけすぎているとか。

じゃなければ開発コストに見合う販売価格で売ればさっぱり売れないとか。
でアフィエイターに案件を振るということになる。

たしかに売れているソフトだか商材だかはあるけど。
ここでなんでアフィリエイターというなじみのない言葉が出るかですが、
これはカテゴリがカテゴリだからさ。
人気ブログランキングへのサービスみたいなところはあるよ。
ここでWeb広告やWebマーケティングのために必須のツールをご紹介します。

■サイト

■ブログ

■メルマガ

■その他いろいろ・・・

どう考えても最低限これらのツールは必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*